妻とのドライブ中に出会した事故現場。

まだ、事故が起きてまもないのか、警察の警備もまだできていない状態。

人がたくさん倒れているので車でひいてしまわないように、ゆっくりと通過していく。

衝撃的だった。

「これはすごい事故だ、ひどい!」そんな言葉を吐いたと思う。

こういう現場で仕事をしている人たちって普段から、こんな現場を見ているのかすごいな。

・・・

という夢を見ました。

夢オチかいっ!て思われたかもしれませんが、私は基本的に夢を見ないタイプなので、夢の記憶があること自体、珍しいことなのです。

そして、いつも夢を見たときに、私はあることを習慣にしています。

それは夢占いをチェックすること。

夢占いは深層心理を理解するのに最適です。

だから、夢を記憶しているときは無意識からのメッセージだと受け止め、夢占いの力を使って解読しています。

もちろん、夢占いを見てみても、「ん?ちょっと違うかも」みたいなときもあります。

そして、今回見た、結構ショッキングな事故現場の夢は・・・・

「過ちへの罪悪感」だそうです(笑)

どうなんだろう?言われてみれば、そうかもしれないみたいな感じでした、今回は。

こういう夢を自分の無意識が見させているということは、きっと意味があるので、しっかり自分と向き合ってみます。

あなたも普段とは違う不思議な夢を見たときは、夢占いで深層心理を探ってみてください。

夢占いは、夢を見たでないとできませんが、本来であれば、定期的に自分を見つめ直す時間って必要です。

でも、緊急性があるわけではないので、毎日、忙しさに追われていると、改めて自分と向き合うということってなかなかできません。

現在の仕事が日常化してしまうと、惰性で今の仕事を続けているだけになってしまうので、とうの昔に自分の目標を見失っていることって結構あります。

そうすると、知らず知らずのうちに仕事のモチベーションがなくなり、お客さんに対して文句をいう人間に変わってしまうのです。

だから、私は月に1回、自分と話し合いをする時間を設けています。会社が月に1回、会議を行うように、最重要事項として自分との打ち合わせの時間を設けています。

そして、そこで決めた本当に自分が心の底から達成したいと思う目標を定め、すべての日常を、そのための役割として位置付けていきます。

また、決めた目標は、毎日、ノートに書き出して毎日毎日、自分に自覚させることも習慣にしています。

だから、あなたも定期的に自分の思っていること、今の進捗、気になっていることなど、自分自身と話し合ってみてください。

今後、どうしていきたいのかを明確にしてみてください。

明確化というのは、向こうからやってきてくれません。

必ず自分で見つけ出す必要があります。

だから、そのための時間が必要なです。

今は、自分の無意識を理解するのに、夢占いを使っていますが、そういうものに頼らなくても自分の深層心理を自ら気が付けるくらい洞察力を高めていきたいと思っています。