今日もライティングしなくちゃななんて思っていたらもう夜の9時。

でも、まだ今日は終わっていないし、自分は本気出していないだけ。

自分はやればできる。本気を出したらできる。

でも、今日はちょっとコンディション悪くて頭が鈍いな。

夜ごはん、いっぱい食べちゃったから眠気もあるし。

ライティング明日にし〜よおっ!

そんなこんなで1年が経ちました。

そして、毎年、これを繰り返してます。

そういう方は私だけではないはずです。

なぜ、こんな状況が繰り返されてしまうのか

私はずっと分からないでいました。

やればできることはわかっているのにやらない自分。

もしかして、ライティングが好きじゃないかも?

でも、やる気はあるんだけどな・・・一応。

そんなある日、個別コンサルを受けているとき、ふとその原因に気がついてしまったのです。

本来、コンサルの時間は、私が進めている案件のアドバイスをもらうべき時間。

でも、その日はある話でほぼすべての時間を使い切っていたのです。

それは時間管理です。

時間管理ってある意味、永遠のテーマみたいなもの。

何度、挫折して、作りっぱなしの計画書を忘れたころに見つけたことか。

でも、私にコンサルをしている方は時間管理を続けて3年。

今や、私の数倍早いスピードで成長をしているのを身近で見てきました。

その秘訣の一つが時間管理にあったことは間違いありません。

これ、ライティングと関係ないようで実は超重要だったのです。

例えば、あなたは今進めているビジネスの目標って定めていますか?

中間目標はありますか?

それを月間・週間・日々のタスクにまで落とし込んでいますか?

さらに、1日に使える時間と作業量の把握できていますか?

これやっていないとしたらヤバいです。

だって、例えば、現実として、1ヶ月に1記事しか書けないような人が

1年後にブログ記事で30万とか目標にかかげていたらどうですか?

絶対に無理じゃないですか。

これと同じようなことを自分がやっていないと自信を持って言えますか?

時間管理というのはそういうことなんです。

それに時間管理をしていないということは、ライティングに取り組む時間が特別に設けられていないということです。

「時間ができたら取り組もう」

今日、1日のスケジュールも曖昧な中で、「時間ができたら」なんてありえないんです。

でも、時間管理をやったことのある方はお分かりですがこれが結構管理するのが大変。

まず、自分が予測した時間と、実際にかかる時間にズレが生じる。

急なスケジュールが入って予定が合わなくなったときに、予定を調整する仕組みがないとどんどん予定がズレていき続かなくなる。

いろいろ考えていくと、やることがどんどん出てきて、何に優先順位が付けられない。

とにかく計画を立てることも、それを実行することも、全体を把握することも困難。

時間管理アプリも、探してみたのですが、私の希望に答えてくれるものが、なかなか見当たりませんでした。

なので、私、自分でツールを作ってしまいました。

目標から計画、それをタスクに落としこんで、毎週のスケジュールに半自動で落とし込める時間管理ツールです。

これ欲しいですか?

もし、ご希望の方がいらっしゃったら、先着20名だけに無料プレゼントしようと思います。

ほしい方はお申し込みください。